よろず情報ジュークボックス

売れ筋・人気ランキング情報局として近日リニューアル予定!!
よろず情報ジュークボックス TOP  >  スポンサー広告 >  7月26日までの記事 >  アバター(Avatar)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アバター(Avatar)

アバター [初回生産限定] [DVD]      アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション(本編3種収録)(初回生産限定3枚組) [Blu-ray]

2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督によるアメリカ映画

ストーリー

時は西暦2154年。人類はアルファ・ケンタウリ系惑星ポリフェマス最大の衛星パンドラで希少鉱物の採掘基地を開いていた。パンドラは地球の熱帯雨林を思わせる、密林に深く覆われた美しい未開の星であり、ジャングルには獰猛な野生動物たちと、ナヴィという人間型の種族が暮らしており、彼らがテリトリーとする森の奥には地球のエネルギー問題の解決の鍵となる希少鉱物アンオブタニウム[4]の鉱床があり、人間との間で小競り合いが発生していた。

人間はパンドラの大気で呼吸できないため、屋外での活動にはエグゾパックというマスクを着用する必要があった。また、原住民であるナヴィと意思を疎通し交渉するために人間とナヴィの遺伝子を組み合わせ作りあげた肉体アバターが用いられた。当初はこのアバターを使ってナヴィの人々に英語を教えたり、人間の文化などを伝えるプロジェクトもあったようだが映画開始の時点ではそのプロジェクトは頓挫しているようである[5]。

主人公ジェイク・サリーは、急死した双子の兄トミーの代役として急遽パンドラに派遣され、アバターの操縦者を務めることになった。元海兵隊員の彼は地球での戦闘で下半身不随になっており、パンドラでの任務の報酬で足の治療を受けるつもりだった。しかしパンドラでは、アバターのボディを借りている間だけ、再び歩ける体を取り戻す事に気づく。ジェイクは採掘基地の傭兵隊長と出会い、同じ軍関係者の誼もあり、ナヴィを偵察する密命を引き受けた。

ある日、アバターとしてフィールドワークに参加していたジェイクは仲間とはぐれ遭難し、ナヴィの女性ネイティリに助けられた。彼女は若くて美しく、そして勇敢な戦士であった。部族の長老はジェイクの元戦士[6]という経歴に興味を示し、ジェイクの教育と訓練をネイティリに命じた。それは当初、ジェイクにとっても偵察に好都合だった。しかし、ナヴィと共に暮らし、パンドラの自然の神秘を知り、ナヴィに受け入れられてゆくにつれ、ジェイクはパンドラにおける人間の振る舞いの正当性について疑問を持つようになっていった。

一方、人間側は採掘の障害となるナヴィの存在に苛立ちを強めていた。平和的な解決を模索するジェイクだったが、人間とナヴィの対立はやがて避けがたい武力衝突へ発展していった。

登場人物

地球人(スカイ・ピープル)

ジェイク・サリー:サム・ワーシントン (東地宏樹)
本作の主人公の元海兵隊員。ベネズエラでの戦争で負傷し、脊髄を損傷したため下半身不随となっている。軍人年金の額では治療を行うことが出来ず車椅子生活を余儀なくされていたが、アバター計画に参加するはずだった科学者の双子の兄トミーが強盗に襲われ急死したため、高額な治療費をRDAが肩代わりすることを条件に兄の代理として計画に参加した。アバターとなってナヴィの生き方を学ぶうちにその素晴らしさに触れ、人類とナヴィとの間で重大な決断を迫られる。

グレイス・オーガスティン博士:シガニー・ウィーバー (弥永和子)
アバター計画を率いる植物学者。自然の破壊された地球に見切りを付けて15年以上パンドラの生態系研究に従事している。自らもアバターとなってナヴィとの融和の一環として、オマティカヤ族の村に学校を開き、文化交流と英語教育を行ったことがある。当初はパンドラ赴任のために専門的な教育を受けていたジェイクの兄の代わりに、素人同然でしかも海兵隊出身であるジェイクが派遣されてきた事を不満に思い[7]存在を疎んじていたが、彼がナヴィと交流できる事に気づいてからはその態度は徐々に変わっていく。

マイルズ・クオリッチ:スティーヴン・ラング (菅生隆之)
元海兵隊の大佐で、RDA社の傭兵部隊Sec-Opsを率いる。地球では何度も戦争を経験しているが、パンドラに来てすぐに顔に重症を負い、今もその時の傷跡が残る。コチコチの軍人で軍事力によるパンドラの制圧を目論んでおり、ジェイクにナヴィをスパイ・懐柔するように指示する。
しかし、足の不自由なジェイクに任務終了後は足の手術を約束する、目的を的確にこなした部下に「一杯おごるぞ」等、部下の面倒見は良い。

トゥルーディ・チャコン:ミシェル・ロドリゲス (杉本ゆう)
元海兵隊パイロット。アバター計画の人員やアバターの輸送を担当する。

パーカー・セルフリッジ:ジョヴァンニ・リビシ (難波圭一)
RDA社の社員で鉱物資源開発の責任者。株主の顔色ばかり伺っている俗物。オマティカヤ族の村の襲撃直前、ナヴィを説得させる為にジェイクに最後のチャンスを与えるなど、必ずしも悪い人物ではないのだが、ナヴィの事を深く理解しようという意思はない。

ノーム・スペルマン:ジョエル・デヴィッド・ムーア (清水明彦)
植物や自然を研究する人類学者。アバターとなりジェイクと行動を共にする。当初は自分を差し置いてナヴィとの交流に成功したジェイクを疎ましく思っていた。

マックス・パテル博士:ディリープ・ラオ (村治学)
アバターの開発者。

ナヴィ

ネイティリ:ゾーイ・サルダナ (小松由佳)
ナヴィの狩猟部族、オマティカヤ族の族長の娘。自身も強力な戦士。最初はジェイクに敵意を表すが、母モアトの命で彼にナヴィの生き方を教えるうちに惹かれ合っていく。

モアト:CCH・パウンダー (滝沢ロコ)
ネイティリの母親。「エイワ」の神託を伝える巫女。ジェイクを部族に受け容れる事を薦めた。

ツーテイ:ラズ・アロンソ (竹田雅則)
オマティカヤ族の戦士でネイティリの婚約者。地球人への敵対心が強くジェイクと対立するが、後に共闘する。

エイトゥカン:ウェス・ステュディ
ネイティリの父親でオマティカヤ族の族長。ジェイクが初の「戦士層」出身のアバターである事に興味を持ち、オマティカヤ族に受け容れる。

アクウェイ:ピーター・メンサー
ナヴィの別の部族の族長。


視聴に際してのご注意!

本映画動画は「FC2動画」で、FC2動画への無料登録が必要です。
FC2動画登録されていない方は、以下よりご登録下さい。
FC2動画



ご視聴はこちらからどうぞ!

字幕版(4つに分割されていますので、順次ご視聴下さい)
 ↓ 
 ↓ 
 ↓ 



日本語吹き替え版



-以上-

ご支援をよろしくです。
クリック⇒ 人気ブログランキングへ お願いします。
スポンサーサイト
[ 2011/01/13 08:47 ] 7月26日までの記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ちょっと教養を♪

MicroAd
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。